ニュースとイベント

SOONOW : 前衛的。即時。彫刻。

SOONOW : 前衛的。即時。彫刻。

HYT は、SOONOW 最新の 5 個限定生産モデルのインスピレーションの源、そしてその起点としてメキシコを選びました。5 本のパワフルなシリーズは、メキシコの人々が来る 11 月の死者の日に向けて人の一生を祝う準備を進める中、EMWA Fest、Berger Fest、SIAR の 3 つの展示会でデビューを飾る予定です。カラフルな骸骨の砂糖菓子作りの伝統とメキシコ国旗にウィンクを贈り、赤、緑、白の独特の色遣いで時間の経過に賛美を捧げるモデルです。注目の祭りはすぐそこに迫り、この SOONOW 限定エディションは今ここにあります。しかし「今」は永遠に続くものではなく、瞬きするうちに見逃してしまうものでもあります。

生きる時

HYT は「現在」を刺激的で結末の分からない連続ドラマとして定義します。不安定に止まっている満足の瞬間でもなく、いつでも欲しい情報が手に入る状態でもありません。時間において重要なのは中身であり、その中での私たちのあらゆる行為です。SOONOW は、今までにたどった経路と将来予想されることの間で揺れ動く転換点として現在を動的にとらえ、その様子を見せてくれます。即時性は開かれた門扉となります。過去は現在に力を与え、それによって人々は共に未来を築きます。

この流れを可視化するのが、特許取得済みの流体モジュールで、独自の機械式ムーブメントとの型破りに思える共同作業により完璧な調和を保って機能します。部分的に見える多層構造の 2 つのベローズが、システムにエネルギーを注入し、2 つの対照的な液体によって時の移ろいの表現を開始します。SOONOW の最新モデルでは、透明な液体で経過した時間を思い起こさせ、近未来を示す生命のカラーを表す赤でシリーズのデビューを彩ります。2 つの液体が出会う地点、つまり現在は、生命の海の一滴に過ぎないかもしれませんが、それは私たちが今持てるすべてです。

相反するものの交わり

HYT の SOONOW は芸術と科学の共同作品であり、細部まで考え抜かれた数学的計算とスカルの多次元的な表現が融合したモデルです。メキシコからインスピレーションを得たこの時計には、合計 313 本の 5N 18Kローズゴールドのピンが用いられ、チタン製のダイヤル上に生命のサイクルを象徴する立体的なスカルのシンボルが作り上げられています。単色のキャンバスのアクセントとなっているのは 937 個のメッシュ状の小さな穴です。数学と美学が強力なパートナーとして現れ、正確なドリリングによって各時刻の数字をつづります。それぞれの単語の正確な中心が、時間どおりのタイミング精度を容易にします。

時代の最先端

幾重にも折れ曲がって角度を付けて配された SOONOW クインテットのスカルを象るキャピラリーは、長きにわたった実りある技術革新の旅を象徴しています。ひと際目を引くポリマー製の半透明グリーンの歯がメキシコゆかりのデザインに笑いかけるかのようです。片方の瞳はその眼窩の奥に組み込まれたディスクによってパワーリザーブを表示します。赤い目のコンセプトのひねりの効いたアクセントにもなっており、パワーが尽きかけると赤に変わります。もう片方の目は、時計の最小記録単位の経過を注視し、60 秒で 1 回転します。「SOON」と「NOW」という言葉は、どんな虹彩でも表現できないような手法で、時間が貴重なものであることを思い出させます。スカルの目と鼻、口の周りに加えてキャピラリーの下にも施された C7 スーパールミノバ®は、聖なる 24 時間が流れるのは死者の日だけではないことを伝えます。

一滴一滴が大切

重力を克服する機構を備える時計であれば、個性へのこだわりも本物であることに疑いの余地はありません。SOONOW のデザイン言語は、3 次元性と示唆に富むディテールを用いることに力を尽くし、時計製造と時間通知に新たな視点を加えます。時間はさまざまな視点から見つめられるのに適しています。それゆえ HYT は、自社のタイムピースもそれと同じであるべきと確信しています。手首に快適に収まるこの時計は、ドーム型のフォルム、小石のような滑らかなライン、透明な構造がひとつになっています。

今こそ、今が束の間に過ぎないことを「私たち」が確信した、本質的真理を思い出させてくれるユニークかつ持ち運びのできる存在を手に入れる時です。

ディスカバー SOONOW