ニュースとイベント

H2.0 : 現代的。流れる。意味深長

H2.0 : 現代的。流れる。意味深長

水と時間がメキシコからインスピレーションを得た HYT の大陸を分かつ。HYT H20 の 3 つの ユニークピースが特別なデザインでこれらの要素と場所とをひとつに結びます。このモデルは、2019 年 9 月から 10 月にメキシコで開催される EMWA Fest、Berger Fest、SIAR の 3 つの展示会で展示される予定です。HYT にとっては、流体と時間こそが重要です。それは、H20 に込められた 2 つの要素から成るインスピレーション、本質であり、そして独自の APRP ムーブメントが組み込まれた特許取得のマイクロ流体モジュールを備えた動力源です。この one-off バージョンは、メキシコの国旗に使われている 3 つのカラーによって結ばれたトリオで、美しい時の動きに地方色を添えます。重力を克服できる時計にとって、距離など何の障害にもなりません。

時間に関する過激な視点

H20 は、風雨に曝されてすっかり滑らかになった石にも似た透明で立体的なフォルムを通し、時間に関して過激な視点を提言します。HYT の本質でもある芸術と科学の融合を体現しつつ、液体を利用して魅惑的に時の経過を表現しています。メキシコからインスピレーションを得たこのトリオの文字盤では、黒い液体が経過時間を示し、対する透明な部分がその先の時間を示します。キャピラリーの下、時刻を示す数字と針に施された淡いグリーンの C7 スーパールミノバ®が夜間の視認性を高めます。流れ行く川のように、人生もまた止まることはありません。同じように、現在という時間は、過去と未来、そして昼と夜が出会う絶え間なく変わり続ける地点を優雅に流れます。モデルごとの特徴となっているのはベゼルに配されたレッド、ホワイトまたはグリーンのアクセント カラーで、ブラックで統一されたケースとストラップの謎めいたルックスに遊び心を添えます。

流れの本質

ドーム型サファイアガラスは、時間の進行を側面から魅力的に見せてくれます。理科室に並んでいた素朴な実験器具を思い起こさせるとともに、時間という貴重な芸術作品を保護するための展示ケースのよう。横から見ると、スケルトンの数字、マーカー、矢印がまるで浮いているかのようです。全体として、新しい次元の時間と空間の出会いの発見、そして探索へと誘う H20 モデルとなっています。コンサーティナのような形状の角度を付けて配された 2 つのベローズは、この束の間のシーン探索への入口です。ジャンプ式分針、リューズ位置インディケーター、およびヒートインディケーターは、念入りに構築された時間劇場におけるこのライブパフォーマンスのさらなる要素です。この H20 は、たとえそれが大陸間であっても、流れの本質そのものを明らかにし、受け入れます。

ディスカバー Mexico