H1 TITANIUM

感情をかき立てるもの

高級時計製造と流体メカニズムの出会い。それは先験的なユートピアとも言えるでしょう。あらゆる もっともらしさを一掃し、画一主義を廃し、H1 へ導いた中心的なアイディアはシンプルなもので す。それは、2 つのフレキシブルなタンクをキャピラリー(毛管)の各先端に固定して使用するとい うものでした。一方には着色した液体を、もう一方には透明な液体を入れます。お互いの分離は、 そ れぞれの液体の分子の反発力により維持されます。2 つの境界はメニスカス(キャピラリー内の液体 表面が作る凹凸の曲面)が画定します。

半月状のメニスカスがチューブ内のもう一方の液体との境界点を画し、時間が表示されます。このユニークな時計を特徴づける蛍光の液体は、反対回りをしながら、元の位置である6時位置に戻ります。タンクを作動させる秘密は何でしょうか?それはピストンで動かされる、非常に柔軟で耐久性の高い、電気めっき済み合金製の 2 つのふいごです。そ してそれが時計の機能との間に介在するこのシステムを作動させるのです。

ケース: :

ブラシ/打ち出し/サテン仕上げチタン製

  • 直径: 48.8 mm
  • 厚さ: 17.9 mm
  • ラバーコートねじ留めリューズ
  • リューズ保護
  • ねじ留め式追加ラグ
  • 6時位置にチタン製ドーム
  • 内側に反射防止加工済み ドーム型サファイアガラス
  • ねじ留め式サファイアガラスケースバック
  • 100m の防水性

機能:

レトログラード式の流体時間/分/秒表示


ムーブメント:

機械式手巻き、HYT 専用キャリバー

  • 28,800 振動/時、4 Hz、35 石
  • 手作業による面取り仕上げ/コート・ド・ジュネーブ装飾が施されたロジウム仕上げのふいご
  • 65 時間のパワーリザーブ

ダイヤル:

非構築型、流体日付表示

  • パラジウム製グレーダイヤル、グレーインデックス/数字、グレー分針
  • 蛍光針/アワーマーカー
  • 12時位置にレギュレーター
  • 9時半位置にスモールセコンド
  • 2 時半位置にパワーリザーブ表示

ストラップ:

ラバー、チタン製ピンバックル


リファレンス:

148-TT-11-GF-RU

#HYTWATCHES
#HYTNOVELTY
#H1TITANIUMBLACKDLC

HYT をフォローする SNS