H1 Alinghi

感情をかき立てるもの

ヨットレース チームとのパートナーシップの第 3 弾となる H1 Alinghi は、3 部作の中で最も技術的に高度で、活力溢れるモデルです。前回と同様 20 個限定製造で、シンプル、効率、性能に焦点が当てられています。

「これは、私たちがアリンギとのパートナーシップに捧げた中で、技術的に最も高度なモデルです」 HYT の CEO、グレゴリー・ドゥルドにとって、ヨットレース チームとのパートナーシップ 3 周年を記念する作品には、真剣に取り組む必要がありました。この作品は、他のどの作品にも似ていません。H1 Alinghi は航海に乗り出します。H4(2015 年)と H2(2016 年)に続くこのモデルは、現時点でヨットから最も多くの要素を取り入れた、技術的に最も高度なモデルとなっています。

ケース: :

チタン/鍛造カーボン、ブラッシュ/マイクロビーズ/サテン仕上げ

  • 直径:48.8 mm

  • 厚さ:17.9 mm

  • ブラック ラバーコーティングねじ込み式リューズ
  • 鍛造カーボン製リューズカバー
  • ねじ留めされた鍛造カーボン製ラグ
  • アリンギのロゴが刻印された 6 時位置のチタン製ドーム
  • ダイヤル側に反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • Alinghi 刻印入りねじ込み式サファイア ケースバック
  • 30 m 防水

機能:

  • ブラックの流体による時間表示
  • 分、秒、パワーリザーブ

ムーブメント:

機械式手巻、特殊キャリバー

  • 28,800 振動/時、4 Hz、35 石
  • コート・ド・ジュネーブ装飾、手作業による面取りが施されたブリッジ、ロジウムプレートのふいご
  • パワーリザーブ 65 時間

特許取得済み HYT 特製マイクロ流体モジュール:

  • 2 つの多層金属製ふいご
  • 内側にナノコーティングを施した医療用ガラス製キャピラリー
  • 混じり合わない 2 つの液体:1 つは透明な液体、もう 1 つは高抵抗の着色剤により色のついた液体
  • 専用のふいごと特殊な内部の液体による温度補正機構
  • セラミック製液体絞り機構

インターフェース:

  • カム追随システムによる回転運動から直線運動への変換によるムーブメントと流体モジュール間の伝達
  • トライデントが確保する流体システムへのアイソスタシーによる支持

ダイヤル:

  • ブラックの時間ダイヤル、ホワイトのインデックスと数字
  • スーパールミノバ® を塗布した時間表示部
  • 合成材料のワイヤーで連結された中央ダイヤルと時間ダイヤル 

  • ブラックの分ダイヤル、ダイヤモンドをセッティングした周囲部とインデックス、ホワイトの数字
  • レッドのラッカーを塗布したロジウムプレートの分針
  • 12 時位置のレギュレーター


  • NAC 加工を施したジブ巻取り装置型の 9 時 30 分位置のスモールセコンド車
  • NAC 加工を施したウインチ型の 2 時 30 分位置のパワーリザーブ インジケーター

ストラップ:

アレルギーを起こしにくい耐火繊維で補強したダークチャコールグレーのクロス ストラップ、 ブラックのミシンステッチ、チタン製フォールディングバックル


リファレンス:

148-TC-09-NF-RC、 20 個限定製造

#HYTWATCHES
#HYTNOVELTY
#H1ALINGHI

HYT をフォローする SNS