2012年 物語が 始まる…

流動的な時間

HYT は、ある疑問から誕生しました。時間はたえず流れ、物事に関わった時にだけ意味を持ちます。現在の時刻を示すために非常に鋭い針や束の間のデジタル表示を用いますが、時間の測定をなぜそうした方法だけに限定してしまうのでしょうか?幅広い分野の専門家を集めた頭脳集団は、それに対する反発を表明して波風を立てようと心に決め、過去と現在と未来を目に見えるように結ぶ時計の創造に取り掛かりました。HYT の答えは、重力を克服して時間の流れを流体で表示する腕時計です。きわめて先進的な技術は、時間の固有の流動性を映すために、哲学から手掛かりを得ました。

その後はご存じのとおりです。正確に言うと、その歴史は、3,400 年前にファラオのクレプシドラ(水時計)で始まりました。この通称「水泥棒」は、H2O(水)をひとつの容器から別の容器へと移すことで、経過時間、つまり「盗まれた」時間を測定しました。このように時間の変遷を意味深く可視化することが消滅したかに思われた 2012 年。HYT は、特許取得済みの流体モジュールを組み込んだ腕時計を発明して、科学の新しい境地を開きました。着色された流体は、近い過去を記録します。透明な流体は、近い未来を示します。この 2 つが出会う場所がメニスカス、すなわち現在です。

今日、HYT は科学、ハイテク、哲学、芸術、およびデザインを統合する生態系です。43 名の専門チームは、伝統的スイス時計製造地域の中心地ヌーシャテルに拠点を構え、流体時間を本物の時間にします。彼らの大胆な腕時計は、流体推進を引き起こす力として機械式腕時計のムーブメントを調和させて組み込んでいます。彼らは、時間の意味を完全に理解しています – 何度も。

その原理は?

2つのフレキシブルなタンクをキャピラリー(毛管)の各先端に固定して使用するというものでした。一方には着色した液体を、もう一方には透明な液体を入れます。お互いの分離は、それぞれの液体の分子の反発力により維持されます。6時の2つのタンク。一方を圧縮するともう一方は減圧し、キャピラリー内の液体を動かします。時間とともに着色した液体が進みます。半月状のメニスカスがチューブ内のもう一方の液体との境界点を画し、時間が表示されます。18時になると蛍光色の液体は、レトログラード式の動きで初期位置に戻ります。