HYT の研究室

時間を有意義に

HYT にとってテクノロジーとは、夢を構成する要素です。過去、現在、未来を目に見えるように結びつけ、重力に逆らうという夢を実現することは、非常に困難です。そして今日の現実は、科学の新しい分野を開拓する時計を生み出しました。この時計はひらめきに導かれ、15 年間という歳月をかけて開発した特許取得済み流体モジュールによって時間の経過を計測します。HYT の時計は、新しく魅力的な技術が満載された装置であり、その目的は、21 世紀の時間を有意義にすることです。過激さは、有意義であることの新しい表現です。

HYT は、時間の流れと前後関係を、孤立した現在の瞬間と対比して把握するために、液体による時間計測を考案しました。流体モジュールの動力は、人間の毛髪の 1/4 の厚さの層を持つ 2 個のベローズです。これらが収縮または拡張するたびに、混ざることのない 2 種類の液体が移動します。一方の液体は着色されており、他方は透明です。それぞれが、近い過去と近い未来を示しています。必要な可視性、美しさ、耐久性、紫外線抵抗性を備えた液体の社内開発を可能にしたのは、高度な化学でした。これらの液体の出会い、つまり、「現在」は「マリアージュ(結婚)」と呼ばれるようになりました。本質的な個性を維持しながら相互に補い合う 2 種類の液体の間でのみ、この出会いは可能です。

画期的な時間計測方法の長期的な信頼性は、1 年を 1 か月に短縮する時間加速能力を備えた独自の試験装置によって保証されています。1 日に 2 回、流体モジュールから反転の指示が発行され、着色された液体がそれまでの 12 時間を示して移動した後、元の位置まで戻ります。時計の中で起こる「未来への回帰」です。

液体時間のリズムは、特別に製作されたオート オルロジュリー機械式ムーブメントから得られます。これが、2 個のベローズと連携しています。前面から見た場合、精度を明示的に証明しているのは、0.8 mm という薄さのプレキシガラス製のキャピラリーの部分です。キャピラリー内の流れを妨げるものを防ぐコーティングは、時計の最も高価な要素の 1 つと見なされています。時間を可視化するためには、完全な透明性も必要です。技術者たちは、丸 1 年をかけて、キャピラリーを液体で満たす技術を極めました。非常に細かい気泡が入るだけでも、特に高地では、精度が低下するおそれがあります。HYT のそれぞれの時計に使用されている一連のテクノロジーを見れば、全体は単なる個々の合計をはるかに超え、時間が立ち止まることはあり得ないとわかります。

染料

時間の経過を示すために必要な可視性、美しさ、耐久性、および紫外線抵抗性を備えた染料の発見により、高度な化学の領域への扉が開かれました。その後、科学の分野の着想を取り入れた HYT の研究室では、時計に使用されるすべての染料が初めて脚光を浴びることになりました。

マリアージュ

HYT では、近い過去と近い未来を表す 2 種類の液体の出会い、つまり、現在を「マリアージュ(結婚)」と呼びます。両方の液体は、事前に十分に準備されており、寿命が尽きるまで共に機能します。つまり、互いに補い合い、相手を損なうことのない 2 つの構成要素の円満な結びつきなのです。

ガラス製キャピラリー

HYT チームは芸術と科学の両方の要所に滞在しながら世界を旅して、HYT の時計で時間の経過を示す厚さ 0.8 mm のガラス管を曲げることができるサプライヤーを探しました。しかし該当するサプライヤーが見つからなかったため、HYT チームは自社に戻り、この精密な作業を行う独自のハイテク機械を社内で製作しました。

コーティング

HYT の時計のキャピラリーに施されたコーティングは、最も高価な要素の 1 つです。コーティングは、逆の特性を持つ 2 種類の液体が確実に、時間と同様に滑らかに流れるようにするという重要な役割を果たします。また、時間が目に見えるようにするために、完全に透明でなければなりません。このハイテクの開発は、半導体産業から着想を得たもので、時計と半導体の両業界で底力を発揮しています。

ベローズ

2 個のベローズは、HYT の液体時間の真髄です。6 時位置にあり、その壁は非常に耐久性と柔軟性の高い合金製で、人間の毛髪の 1/4 の厚さです。片方のベローズが収縮して 2 種類の液体の一方が放出されると、もう片方が膨張して、他方の液体が中に入ります。この重力の克服の鍵となったのは、航空宇宙産業から得た着想でした。

温度補正機能

HYT の時計では、温度変化で液体が膨張しても、淀みなく流れる時間が妨げられることはありません。この美しい溶液は、特許取得済み流体モジュールの主要なベローズの 1 つに内蔵された小さなベローズの中にあります。

流体モジュール

特許取得済み流体モジュールの開発には、15 年の歳月に加え、航空宇宙、医療機器、半導体の各産業からの多くの着想が必要でした。その結果として生み出されたメカニズムは、重力の克服の他にも、多くの課題を乗り越えています。時間の流れを止めることはできないという事実に基づき、2 個のベローズが液体モジュールの動力として機能します。それぞれのベローズが収縮または拡張するたびに、2 種類の液体のいずれかが移動します。それぞれの液体は、近い過去または近い未来に対応します。

下塗り

HYT の時計のキャピラリーを 2 種類の対照的な液体で満たす技術者の訓練には、1 年かかります。ごくわずかな気泡でも、標高の高い場所などで気圧の影響を受けて、時間の流れの計測精度を損なう可能性があります。このために HYT は、わずか 1 秒でも重要であるという信念を示すために、専用の機械と工程を発明しました。

循環

HYT は、時計製造の歴史を振り返るのではなく、作り出すことに重点を置いています。長期的な安定性を確保するために、HYT は、時間加速能力を備えた独自の試験装置を作成しました。温度を大幅に上げることで、1 年かかる試験を 1 か月で実行できます。その結果、40 か月 の耐久試験によって、HYT の液体が現在から 40 年間、正確な時間を示すことが証明されます。

ムーブメントインターフェース

時間の経過は、流体モジュールによって可視化されます。そのリズムは、特別に開発されたオート オルロジュリー機械式ムーブメントから得られます。これらの 2 つの要素が出会った瞬間に一目で恋に落ちることがなければ、時間による試練に耐えることはできません。キャリバーは、 しっかりした高い技術を持つ職人によって注意深くベローズに取り付けられています。この職人たちは、わずかな過ちも許されず、結びつきが不可欠であることを知っています。

巻き上げ

毎日 2 回、HYT の時計は、過ぎたばかりの貴重な 12 時間について考える機会を提供します。時間の計測に関して 1 秒も失うことなく、着色された液体がキャピラリーの先端に達すると、巻き上げモードに変わり、元の位置へと逆流します。時間の経過を再生するこの魅力的な動作は、約 60 秒間続きます。